話題の情報についていけるサイト

ブサイクな写メは残さない!簡単自撮りのセルカ棒とは!?

スクリーンショット 2015-02-22 18.24.50

セルカ棒の使い方って??

皆さんは、自撮(じどり)をしたことはありますか?自撮りとは、自分で手持ちしたカメラなどで、自分自身を写真に撮ることです。

最近はスマートフォンにインカメラが内蔵されていますので、スマートフォンさえあれば簡単に自分自身の写真や動画の撮影ができるようになりました。ですので、1人で外に出かけた際にも、きれいな景色を背景に入れて写真を撮ったり、友達と集まった時などに、全員一緒に写真を撮ることも可能なのです。

ただ、いざ自撮りをやってみると、融通のきかない点も多々あります。例えば、背景をフレーム内に綺麗に入れたい時や、大人数での撮影の際には自撮りは向いていません。なぜなら、自分の腕を伸ばしたところまでしかカメラと被写体の距離を取ることができないので、フレームアウトしやすくせっかくの写真が台無しになることもあります。そこで、セルカ棒の出番です。

そもそもセルカ棒とは?

セルカ棒とは、スマートフォンなどで写真を自撮りをする際に、補助器具としてスマートフォンに取り付けて使う棒(スティック)のことです。セルカとはセルフカメラを意味します。また、別名で「自撮り棒」や「セルフィー」とも呼ばれています。
最近では、日本へ来ている外国人の方たちが、観光地などでセルカ棒を使って写真を撮っている姿をあちらこちらで見かけるようになりました。日本人でも、若い方を中心にセルカ棒の人気が高まってきています。

ブサイクな思い出は残さない!簡単自撮りのセルカ棒とは!?

人気の理由は?

セルカ棒の大きさは、収納時には30センチほどの長さで、延ばすと1メートルくらいになるものが主流です。持ち運びに適したサイズであることも人気の理由です。
セルカ棒の先端は、スマートフォンやデジタルカメラを固定できるようになっており、棒の部分を伸縮させたり回転させる事ができるので、好きな長さや角度に調節して自撮りをする事が可能です。広い範囲の写真を撮ることができるので、大人数の撮影でも全員をフレームアウトさせることなく写真に収めることができるようになります。
また、従来のセルカ棒はセルフタイマーを利用して撮影するものが主流でしたが、最近ではセルカ棒のグリップ部分にシャッターボタンが搭載されたものが発売されましたので、面倒なセルフタイマーのセットも必要がないのでこちらのタイプの方が人気は高いようです。

 

色々なタイプがあるけど、どれを選べばいいの?

セルカ棒は、大きく分類すると手元でシャッターが切れるものと切れないものがあります。やはり、手元でシャッターが切れる方が使いやすくお勧めです。ただし、その分お値段は割高になります。

また手元でシャッターが切れないタイプでも、別売りのリモコンを購入すれば、手元でシャッターを切ることが出来るタイプのものも販売されています。

お値段は、手元でシャッターがきれないタイプだと数百円、手元でシャッターが切れるタイプだと1000円以上で販売されています。
また、手元でシャッターが切れるものにも2つのタイプがあります。

セルカ棒のケーブルをイヤホンジャックに繋ぐタイプと、Bluetoothでスマートフォンなどに接続するタイプです。Bluethoothの方は、iPhoneなどの端末に一度だけ設定をすれば簡単に使用できるようになりますが、セルカ棒自体の充電も必要です。

また、機器などの設定が苦ではないという方にはBluethoothタイプもお勧めですが、Bluethoothがよくわからない、購入した後の設定が不安だという方には、スマートフォンなどの機器にあるイヤホンジャックにセルカ棒の配線を接続するだけタイプの方が、簡単で扱いやすいかもしれません。

セルカ棒はどこで買える?

セルカ棒は、家電量販店やドンキホーテ、東急ハンズ、LOFTなどで販売されています。

実店舗だと、実際の大きさや重さなども自分の目でチェックできるので安心です。しかし、まだセルカ棒の種類自体があまり多くはありませんので、同じような仕様のものが多いです。ですので、ネットショップの楽天市場やAmazon等でも販売されているものもチェックしてみるといいでしょう。

今のところはネットショップの方が種類が豊富でした。ただ、ネットショップでは、どのような仕様のものなのかという詳細については非常にわかりづらい記載や説明をしているお店もあります。ご購入の際には、商品説明欄をよく読み、疑問があれば一度問い合わせをした方がいいでしょう。

自分の使ってるスマートフォンや、デジタルカメラに対応してるのかのチェックも必須です。

 

セルカ棒を使う際に気をつけること

セルカ棒を使用する際には、使用可能な場所や施設なのかも確認しましょう。コンサート会場やスポーツ施設、テーマパークなどによっては使用禁止になってる場所があるようです。

また、禁止になってい場所でも、伸ばしたセルカ棒が人にあたったりすればトラブルにもなりかねません。撮影に夢中になり過ぎて、事故にあってしまった例もありますので称する際には周囲に十分気をつけましょう。

まとめ

・そもそもセルカ棒とは?

・人気の理由は?

・人気の理由は?

・色々なタイプがあるけど、どれを選べばいいの?

・セルカ棒はどこで買える?

・セルカ棒を使う際に気をつけること

今回はセルカ棒についてご紹介させて頂きました。自撮りが好きな方や、お友達と写真や動画を撮影する機会が多い方は、セルカ棒が1つあるだけでよりいっそう楽しみが広がるでしょう。

年々、種類も増えてお値段もお手頃になってきていますので、このご機会に試してみる価値はありそうです。もちろんご購入の際には、お持ちのスマートフォンやデジタルカメラに対応しているのか、自分にあったタイプはどれなのかをしっかりチェックすることをお忘れなく。

関連記事