話題の情報についていけるサイト

ピアスホールから臭ってます!ピアスホールは清潔に保とう

ピアスホールのにおいと注意点!

ピアスを着けるだけで、パッと華やかな印象にも、大人っぽい印象にもなれますが、安全にピアスを着けるならば日頃のケアはとても大切な事と言えます。
ピアスホールのトラブルが無く安全にオシャレを楽しむにはどのように付き合っていけばよいのかを紹介していきます。
まず、ピアスホールの掃除方法の前に、いくつかピアスを着けるときの注意点を紹介したいと思います。

ピアスを開けるなら?

怖くてまだピアスの穴を開けていないけれど、いつかは開けてみたいという方は、もし開けるならば自分でやるよりは、病院などで開けて貰った方が安心して開けることが出来ます。
そしてもう一点、開ける時期ですが夏などの気温が高い時期に開けてしまうと膿みやすいので、涼しい時期に開けることをオススメします。

ピアスを清潔に!

ピアスを清潔に保つというのは、ピアスホールのトラブルにならない為にとても重要な事です。
当たり前の事ですが、何度も着けたり外したりして汚れているピアスを、ピアスホールに入れてしまえば雑菌などで炎症を起こしてしまう事も有りますから、ピアスを外した時と着けるときに必ず消毒液で拭いてからにしたほうが、清潔なピアスを着ける事が出来ますので、着けるピアスはキレイなモノを選びましょう!

ピアスホールから臭ってます!ピアスホールは清潔に保とう

ピアスホールが臭い!

ピアスを外した時や、耳を触った時などに、垢みたいなものが手に付いて臭いなと感じたことのある人も多いのではないでしょうか。
ピアスホールに、汗や垢などの老廃物が溜まってしまって細菌が繁殖して臭いを発してしまいます。
それが、改善されずにどんどん溜まっていってしまい化膿し炎症を起こし、赤く腫れてしまったり痒くなることが有ります。
炎症が酷くなってしまえば、早急に病院へ行く事をオススメしますが、臭いも炎症も起こらないようにするには、ピアスをキレイにして、耳も適度に消毒する事が大切です。

ピアスホールクリーナーを使う

どんなに表面上キレイに清潔に保っていたとしても、問題なのはピアスホールですよね。洗うにしても、ただシャワーで流して洗った所でキチンとピアスホールの中までキレイにはなりません。そんなときは、ピアスホール専用のお掃除グッズを使って確実にお掃除をして清潔な状態を保ちましょう!ピアスホール専用グッズとは、多くの種類が売られていますが、プラスチック製の細い棒で、その棒がデコボコしていてピアスホールに通してキレイにするものや、もっと細い和紙などでできたモノも売られています。
穴が大きくて安定していれば、プラスチック製のモノでお手入れすると良いですが、穴がまだ大きくないのでしたら細い和紙タイプのモノを選んでお手入れすると良いでしょう。

お風呂に入るときはピアスを外して!

普段ずっと着けているから、違うピアスに変えるときにしかピアスを外さないといった人は、ピアスホールが汚れている可能性が有るので要注意です。ピアスをしたままお風呂に入っても、ピアスが邪魔をしてキレイに耳を洗えません。それに、皮脂や石鹸の残りかすがどんどん溜まっていってピアスホールに汚れが蓄積されていってしまいます。そのため、お風呂の時は必ずピアスを外して入ることを心掛けて下さい。
ピアスを外して入っているよ!という人でも、お風呂から上がって髪の毛が乾かないうちにピアスを着けてしまってませんか?
髪の毛をキチンと乾かして、耳をキチンと拭いた状態でピアスを着けなければ、せっかくお風呂の時に外している意味がなくなってしまいますから、お風呂から上がってしっかり髪の毛と耳元が乾いているのを確認した上で清潔なピアスを着けるようにすると良いでしょう。

汗をかくこれからの季節が要注意!

ピアスホールが臭くなったり、炎症が起こりやすいのは、汗をよくかく季節がなりやすいとも言えます。日頃から汗をかいてベタベタした時に、耳の後ろ辺りをデオドラントシートで拭いて清潔に保ったり、汗を抑えるデオドラントスプレーをするなどして極力ピアスホールに汗など老廃物が溜まらないようにしましょう。
耳が膿んでいるな、触ると痛いなというときは無理にピアスをせずに症状が治ってから着けるようにしないと治りにくくなって、炎症も酷くなってしまいますから、ピアスを着けてオシャレしたいと思っても、ピアスホールにトラブルが有るときは清潔に保ち、負担を掛けないようにしましょう。

まとめ

  • ピアスホールの注意点!
  • ピアスを開けるなら?
  • ピアスを清潔に!
  • ピアスホールが臭い!
  • ピアスホールクリーナーを使う
  • お風呂に入るときはピアスを外して!
  • 汗をかくこれからの季節が要注意!

どんなに清潔にしていても、なかなか炎症が収まらなかったり、カユくて耐えられない!ピアスも清潔にしているのになんで?と悩んでしまった時は、金属アレルギーも視野に入れて考えてみましょう。ピアス本体は樹脂製なのに留めるキャッチの部分が金属でしたら、もしかしたらそこがアレルギーの原因かもしれません。
ピアスホールを清潔にしているのに、なかなか改善されないのでしたら、症状がヒドくならないうちに病院で診てもらうのが良いでしょう。

関連記事