話題の情報についていけるサイト

日本人がよく使う『絶対に使ってはいけないハンドサイン』

f42bb564f29a539c68ff121ac00ba218_s

危険なハンドサインまとめ

あなたは、日常で自然と使っているハンドサインの本当の意味をご存知でしょうか。、国や地域によっては、同じハンドサインでも全く意味合いが変わってきます。日本では良い意味のハンドサインでも、海外では相手を侮辱する意味だったなんて事も珍しくありません。
ここでは、何気ないハンドサインでトラブルに巻き込まれないよう、日本人がよく使っているけど、海外では使用厳禁なハンドサインをご紹介していきます。

ピースサインが危険行為になる

日本でもお馴染みのピースサイン。意味は勝利のアピールを行うものであり、平和を祈るサインとしても用いられています。
欧米では「Vサイン=Victory=勝利」のサインとして有名ですね。しかし、このピースサインも海外では全く違う意味になるのです。
なんと、ギリシャでは「くたばっちまえ」という意味になるのです。なぜそんな意味になったのかというと、かつて犯罪者に物を投げつけるときに二本指で投げていた方だそう。喜びをアピールするためのピースサインが侮蔑を意味するなんて恐ろしいですね。

日本人がよく使う『絶対に使ってはいけないハンドサイン』

裏ピースも危険行為!

では、ピースサインで自分に手のひらを向けた裏ピースサインはどうなのでしょうか?日本の女の子がよくやっているハンドサインです。
こちらも調べてみたところ、やはり海外ではやってはいけないハンドサインのようです。
これをやっては行けない国は、イギリス、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドと日本人が好んで観光に行く国が多いです。
意味合いは、アメリカでいうところの中指を立てるに等しい侮辱になるそうです。
日本ではよく見かけるハンドサインですが気をつけましょう。

サムズアップもダメ!

こぶしを握った状態から親指を上に立てた仕草は、Facebookのイイねボタンのアイコンでも使用されているサインです。
日本でもよく使われており、男性を示すサインでも使われる事があります。また、ヒッチハイクで車を停めるときにも使われています。
しかし、アフガニスタン、イラン、イタリア、ギリシャの一部、特に中東では非常に下品な意味になるそうです。
これらの地域では、サムズアップは性的に相手を揶揄、侮辱する仕草なのだとか。自分はイイねと言っているつもりでも、相手には侮辱と受け取られてしまうとはとても驚きです。

OKサインもタブー!

親指と人差し指で輪をつくるOKサインは数多くの国で悪い意味を表すハンドサインとされています。日本では賛成を意味するおなじみのジェスチャーで、日本円の単位「円」の由来にもなっています。日本の女性タレントローラもよく使っていますね。
しかしこちらは、フランスでは「お前は無価値で役立たずだ!」と言う意味になり、ブラジルでは「おれは危険だぞ」という意味になります。また、南米の一部では、これをお尻の穴を示し、相手を性的に侮辱する意味になってしまう場合もあるとも言われています。意味を知ってしまうと、ローラが、海外の色々な国でこのポーズをしていないか気になりますね。

小指を立てるのもNG!

日本では、彼女や恋人を表すハンドサインです。また、建設現場などで「クレーンを地面から少し浮かせる時にゆっくりと巻き上げる」という意味でも使われます。しかし中国では「無能者、役立たず」を意味します。他にも、シンガポール、インドネシアなどでは、「最低」や「一番小さい」といった意味になります。特に、近年では大勢の中国人が、仕事や観光旅行で日本に来ていますので、仕事やプライベートで何気なく使ってトラブルが起こらないように気をつけましょう。

相手にパーの手を向けると怒られる!

誰かを引き止めたり、立ち止まらせたいときに「ちょっと待って!」と手のひらを向けた経験が誰にもあると思います。
しかし、ギリシャでは顔に泥を塗るという意味があり、相手の怒りを買ってしまします。かつて手錠に繋がれた犯罪者に、手の平で汚物を塗ったことから由来しているそうです。

ガッツポーズで喧嘩になる!

喜びを表現するという意味を持つガッツポーズ。由来は、元プロボクサーののガッツ石松が試合に勝利した際に、両手を挙げて勝利の喜びを表した姿からガッツポーズと呼ばれるようになったそうです。
しかし、フランスでは、ガッツポーズが「くたばってしまえ!」という意味合になってしまうそう。気を付けないと、知らない間に自分から周りにケンカを仕掛けていたなんてことになりかねません。

手招きすると誰も寄ってこなくなる!

招き猫でお馴染みの手招きですが、海外では真逆の意味になってしまします。日本ではこっちこっちと手のひらをあおいで人を呼びますが、アメリカでは「あっちに行け!」といういみになるそうです。ちなみにアメリカでの手招きは、手のひらを上に向けてあおぎます。

まとめ

・ピースサインが危険行為になる

・裏ピースも危険行為!

・サムズアップもダメ!

・OKサインもタブー!

・小指を立てるのもNG!

・小指を立てるのもNG!

・相手にパーの手を向けると怒られる!

・ガッツポーズで喧嘩になる!

・手招きすると誰も寄ってこなくなる!

絶対にやってはいけないハンドサインをご紹介してきましたが、いかがでしたか?特に日本人が無意識に使っているハンドサインを多くご紹介しましたが、海外では悪い意味合いになるものばかりでしたね。海外から日本への居住者もどんどん増えていますので、旅行先だけで注意するのではなく、職場や、プライベートでも気をつけましょう。

関連記事