チェックスカートで女子力アップ!タイトなチェックで大人セレブに!

スポンサーリンク

【いろんなチェックが可愛い!チェックスカートで女子力アップを狙っちゃおう!】

チェックスカートコーデは場合によっては子供っぽく見えてしまって『ダサい!』と思われがちです。確かにコーデ次第では安っぽく子供コーデに見られてしまったり、制服を意識してるの?なんて事もあります。そうならない為に何が必要かというとトップスや小物でどれだけ大人感を出せるかが大切になってきます。子供っぽくならないチェックスカートコーデでオシャレにお出掛けをしてみましょう!

【タイトなチェックで大人セレブに!】

タイトなチェックで大人セレブになれるの?と思った方もいるでしょう。しかしながら、選ぶチェックスカートさえ間違わなければセレブ感を出したオシャレが出来ちゃいます!
まず、一番重要なスカート選びですがチェック柄がなるべく小さなスカートを選びます。
そしてトップスにはシフォンブラウスをインして、パールネックレスとハンドバッグを合わせます。カーディガンを肩に掛けるとより大人っぽい落ち着いた印象になります。

【ロング丈チェックスカートでゆるカワ女子に!】

ロング丈のチェックシャツに大きめTシャツを合わせて腰の部分でTシャツを結べばカジュアルな楽チンスタイルになります。
例えば、青系のチェックスカートならば黄色いTシャツを持ってくるととても明るい印象になりますし、カラフルでとっても可愛いです。逆に白黒のチェックスカートならばトップスには白Tシャツを合わせて、小物類も白黒に統一すると、シンプルで可愛いモノトーンコーデが完成します。モノトーンコーデで大人っぽくもチョイカジュアルが可愛いのでデートに最適です。

【ミモレ丈のチェックスカートをボーイッシュに!】

チェックスカートをボーイッシュに着こなしたいのならばミモレ丈がオススメです。ミモレ丈はオバサンぽく見られてしまうことも有りますから、スニーカーとリュックといったカジュアル感を出してちょっと幼い印象のコーディネートにする方がウケが良いでしょう。チェックスカートのミモレ丈とキレイめパンプスといったようなコーデにすると落ち着きすぎてしまって老けてみられてしまいます。トップスは、デニムシャツをインするとよりボーイッシュな印象になります。

スポンサーリンク

【ミニスカチェックで色気を出そう!】

チェックスカートは、子供っぽいイメージを持っている女性が多いですがそこでミニスカートのチェックスカートを履いてちょっと色気を出すことで、パッとセクシーな大人コーデに早変わりします。
ピンヒールに大きなチェック柄のミニスカート、シンプルな白シャツで胸のボタンを大胆に開けると色気の有る女性になります。ピンヒールということで足も長くキレイに見えるのでセクシーさで勝負したいという方にオススメなコーディネートです。

【赤ギンガムチェックスカートで出掛けよう!】

チェックスカートは、ただでさえチェック柄ということで目立つので何色のスカートにするか選ぶときに白黒のようなシンプルな色にしてしまいがちです。モノトーンコーデにも使えるので便利は便利なのですが、街中で見るよくありがちなコーディネートになってしまうことも有るでしょう。
そこで、赤色のギンガムチェックスカートを取り入れたオシャレをすれば周りのよくありがちコーデに入ることなく自分らしさの有るオシャレが出来ます!
コーデも難しそう?と感じるかもしれませんが、赤ギンガムチェックスカートが主役ですからあとはシンプルに着こなすだけで十分です。赤色を目立たせたコーディネートにオススメな配色は白を多く取り入れたコーディネートです。清潔感の有るコーディネートに赤いチェックスカートがとてもキレイです。

【こんなのもあり?面白モノトーンコーデ!】

面白いコーディネートもたまには有りかな?という方にオススメなのはボーダートップスにチェックスカートのコーディネートです。チェックにボーダーということでなんだかまとまり感が無いな、まとまり感どころかガチャガチャしちゃうんじゃないかと思った方もいるでしょうが、そこをモノトーンにまとめる事でガチャガチャ感が消えてオシャレに見えてきます!
トップスをストライプにすれば、スッキリとした印象になります。個性的なオシャレをしたい方は是非試してみてください。

【一年中チェックスカートを取り入れよう!】

春夏はギンガムチェック、秋冬はツイードチェックというように同じチェックでもチェック柄で季節感を感じることが出来ます!
一年中同じアイテムを着回すことも経済的で素敵なことですが、オシャレなチェックスカートコーデをしたいならば、季節感のあるチェック柄選びをすると良いでしょう。
春夏ファッション、秋冬ファッションそれぞれに合ったチェックスカートコーデをする事でよりオシャレの幅も広がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク