話題の情報についていけるサイト

セクシーな大人に魅せる!「赤アイシャドウ」を使おう!

アイシャドウを使うときによく選ばれる色はピンクやブラウン、ゴールド等ですがちょっとハデ目にしたいなと思ってアイシャドウを選ぶときはブルーや緑を選ぶ人が多く、なかなか〈赤アイシャドウ〉を使ってみようといった人は少ないのではないでしょうか。
しかし、赤アイシャドウを取り入れたメイクをしている人がジワジワと増え始めてきています。

赤アイシャドウがイイナと思ったきっかけ!

赤アイシャドウが良いな、キレイだなと思ったきっかけは人それぞれだと思いますが、去年放送されていたドラマ〈ファーストクラス〉の木村佳乃さんの赤アイシャドウを見て自分もしてみたいと感じた女性も多いのではないでしょうか。ドラマで赤アイシャドウの木村佳乃さんを見るなりツイッターでもとても好評な投稿が相次ぎました。
とってもキレイな赤いアイシャドウが白い肌に映え役柄と併せてカッコ良く感じた人も多いと言われています。

セクシーな大人に魅せる!「赤アイシャドウ」を使おう!

色っぽい、でも女性らしい優しさの赤アイシャドウ!

赤アイシャドウは、ドギツイイメージでケバく感じる人も居るでしょうが、赤アイシャドウを使うからといって全体のお化粧を濃く派手にするのではなく、他の部分はむしろナチュラルメイクにしてワンポイント的な感じで赤アイシャドウを使うことでキツく見られることも、派手に見られることもありません。
赤アイシャドウを自然に可愛く使いたいのであれば、ナチュラルメイクを心掛けてメイクをしていきましょう。

チラ見せ!チョイ見え!スパイシー!

目が開いていても閉じていても、赤アイシャドウが見えてしまうのは存在感が有りすぎて抵抗が有ったり、赤アイシャドウを会社にしていきたいけどだめかな?と悩んでいるならば、まばたきして目を閉じた時に見える位の位置に赤アイシャドウを塗ればさり気なく、でもスパイス的な感じで存在感の有る目元を作ることが出来ます!
発色が良い真っ赤なアイシャドウでもチラ見せならばそこまでケバくもならないのでオススメです。

思いっきり赤アイシャドウを楽しみたい!

どうせ塗るなら思いっきり赤アイシャドウを楽しみたいという人はグラデーションを心掛けて、キレイにまぶたに塗ってみましょう。まつげに近い部分に赤アイシャドウを塗り、それを上に向かってぼかしていき最後にまぶた全体をラメでキラキラさせれば赤アイシャドウが目立ってとっても華やかになります。
よく、まぶた全体を薄い色から順にまつげに近くなるにつれて濃い色を使ったグラデーションをやっていくとキレイなまぶたになるのですが、赤いアイシャドウの場合は、どうしても最後に塗ってしまうと浮いて見えてしまうため、先に赤いアイシャドウを塗ってからぼかしていくやり方の方が自然な赤い目元になるのでオススメです。

目尻だけ赤アイシャドウ!

せっかくのナチュラルメイクだから、赤アイシャドウは、塗りたいけれどあまりそこまでは強調したくないといった時は、目尻だけ赤アイシャドウにすると、そこまで強調される事無くワンポイントでとっても可愛らしい目元になります。
正直、アイシャドウってその日の気分や、肌の状態によって何色にしようかどれくらい濃くしようか変わってきますよね。
赤アイシャドウを使いたいけどファンデーションのノリも良くて、透明感の有る肌をアピールしたいのに、そこに濃く赤アイシャドウを入れてしまったら、目元ばかり強調されて肌が目立たなくなってしまうのがイヤだなと思った時は、目尻だけにちょこっと赤アイシャドウを入れましょう。
肌もキレイで、目元も流行りを取り入れているので女子力が高いと思われます。

上まぶただけじゃない!下まぶたにも赤の存在感を!

アイシャドウといったら、上まぶたに塗るものと思われがちですが、意外にも下まぶたに赤アイシャドウを入れるのもとっても色気が出て大人っぽい透明感の有る印象になります。
下まぶたに赤アイシャドウを使うときのオススメとして、赤マスカラも一緒に使うとより一層目元に色気が出るのでオススメです。
上まぶたにはあまり濃いアイシャドウをせずにほんのりラメを効かせる程度にして、下まつげに赤マスカラを塗ってから下まぶたに赤アイシャドウを入れればとっても印象的な目元になります。
せっかく、目元を目立たせているので発色の良い口紅などは使わず、リップクリームや、グロスだけの自然な唇にする事で、より目元が映えます。

まとめ

・赤アイシャドウがイイナと思ったきっかけ!

・色っぽい、でも女性らしい優しさの赤アイシャドウ!

・チラ見せ!チョイ見え!スパイシー!

・思いっきり赤アイシャドウを楽しみたい!

・色っぽい、でも女性らしい優しさの赤アイシャドウ!

・目尻だけ赤アイシャドウ!

・上まぶただけじゃない!下まぶたにも赤の存在感を!

赤アイシャドウを使ったメイクの時に、ファッションも一工夫するともっとオシャレ感が出ます。
例えば、赤いパンプス、赤いハット、赤いカバン、赤いネイル等といったどれか一つを差し色としてワンポイントで目立たせることで、今日は赤がポイントなんだな、と思われ、更に目元を見たときに赤アイシャドウを使っていたらこんな所にもマッチしているんだと女子力が高い印象を与えることが出来ます。

関連記事